プリズマ コンピューターグラス 電磁波から目を守るパソコングラス

Home
Products
Experience-Reports
Press Release
Shopping
ColorWorks Website
Contact us
Home
 
ドイツ製 PRiSMA® パソコングラスを使用してあなたの視力を守りましょう
就労者は年間4000時間以上も水銀の電磁波にさらされています

肉眼ではほとんど知覚されないパソコン画面の電磁波を受け続けることは、私たちの視力を妨げ、目には有害と考えられます。特に液晶画面は高い割合で青色光を含んだ紫外線の電磁波を放射してます。青色光増加の弊害は、視界だけを考えると物を見る際に見えにくくすることはありませんが、数々の実験でも細胞の代謝プロセスにダメージを与える結果を示しています。

現代光源のリスク

古き良き電球は近赤外線波長や赤の長波長域を高い割合で含む目には優しい光です。現代の水銀による紫外線を含む光源ははるかに注意すべき対象なのです。水銀光源は液晶画面のバックライト、すなわちパソコンモニター、液晶テレビ、水銀灯、蛍光灯などに見られます。目への最大の弊害は、私たちが日常生活で長時間のパソコンの作業中に液晶画面からうけています。職場においては、液晶画面からの電磁波に加えて、室内の光源である蛍光灯や水銀灯からの電磁波が負の弊害をさらに増大しています。

PRiSMA® Computer Protection Glasses Classic type Clip on type


液晶画面の水銀光源

液晶画面のバックライト(冷陰極放電管)は水銀光源を用います。この光は管径2mmで蛍光灯と同じものです。昼間の太陽の白色光は、長波長、中波長、短波長からなる絶妙な色のスペクトルの割合で構成されています(左図は太陽光、右図は蛍光灯)。液晶画面も右図同様に蛍光灯(水銀光)の不連続なスペクトルを放射しています。右図の蛍光灯(水銀光)は、青色エネルギー(青、藍、紫)にピークがあり、しかもアンバランスな割合であることを示しています。また赤色光の領域は血液の循環を促進する役割がありますが、右図の赤いエリアは低エネルギーを示し不足していることがわかります。


太陽光と放電ランプのスペクトラム
                            
  ©Alexander Wunsch


視力を妨げる青色光

短波光(青色)と長波光(赤色)は目の中の異なる位置で焦点を結びます、それを色収差と言います。色収差はぼやけたり、チラチラする結像のずれと不明確さを生じ、また視覚システムにストレスを与え続けることにより疲労につながります。
パイロットや射撃、スポーツ選手など目が生命線の人が黄色のメガネをかけるのは黄色のメガネが青色光の割合を減少させ、それにより知覚が明瞭になり視界が広がるからです。



目の焦点と黄色のレンズ
              
  ©Alexander Wunsch                          特別な黄色フィルターは視力と明瞭性を上げる   


網膜へのダメージ

なんのガードも無くパソコンの前で長時間作業を続けていると、パソコン画面から放射線をYellow Spotが受け続けていることになります。Yellow Spotとは眼球の奥の壁に位置している黄班と呼ばれる重要な箇所です。
目の中の細胞の新陳代謝を損なう有害な活性酸素(Oxygen radicals)は、青色光の影響で増加します。UVカットレンズの紫外線フィルター効果は紫外線領域はカットはしますが青色光のカットはしていません。
この通常のUVカットレンズや何も使用しない場合などは、青色光を過剰に受けつづけることになります。AMDの数多くの医学的研究により、紫外線だけでなく青色光も目に有害であることが立証されています。
Prisma®パソコングラスはこの紫外線から青色光までの有害な電磁波をカットするグラスです。
  
代理店を募集しています
Copyright (c) ColorWorks Inc. 東京都港区東新橋2-18-3-903 Tel 03(5472)3003